ワークアウト注意!?ジムでのマナー

「運動しなきゃ」と思っている人は多いはず。そんなあなたの味方がジムです。 ですが、ジムでもマナーというのがあるのですよ!

どんな方でもお手軽に、かつ突き詰める人はとことん突き詰めるのが筋トレというものです。

やったらやった分だけ成果が見えるというところから、経営者の方からサラリーマンに至るまで多くの人がトレーニングをしているのが特徴です。

お手軽で公共の場だからこそ、トレーニングジムでもマナーというものがあるのですよ。

マナーに則した行動で、気持ちよく筋トレをしましょう!

マシンや器具はみんなのものです。

公共の場だからこそ気をつけたいのは、マシンや器具はあなたのものではないということ。

ですから、使ったものは必ず綺麗にしましょう。といっても、何もきれいに掃除をしなさいというわけではありません。

タオルがあるならば、タオルで触ったところを綺麗に拭いてから片づけましょう。

ですから、ジムではタオルを持参するのは必須と言ってもいいでしょうね。

(最近は、マシン毎に拭くためのタオルが置いてあることが多いです)

 

また、みんなで使うものですから、自分一人だけ長い時間使うというようなわがままな行動を取ってはいけません。

お母さんそんな人は許しません。

トレーニングには集中して取り組み、休むときは休むとメリハリをつけましょう。

というか、そもそもトレーニングってだらだらやっていてもそれほど効果は出ませんので、そちらは十分に考慮の上で行っていただければと思います!

 

そして当然ですが、使い終わった器具は所定の位置に戻しましょう

これって当たり前のように感じると思いませんか?

ですが、ダンベルとかのように持ち運びできるものは忘れてしまいがちになりますし、バーベルやウェイトをつけたままにして行く人も多いようです。

当たり前ですが、トレーニングとは己との戦いであり、自己顕示のために行うものではありません。

それはジムの外でやりましょう。

あくまでも公共の場所であることを考えましょう。

最近多いですよね。トレーニング中に写メ取る人。それでインスタに載っけてコメント欄で「○○さん格好いい!」って思われたいのでしょう。

私だって思われたいです

もちろん、プライベートなジムや人が少ない中で、一枚や二枚くらい取る分には私だってこんなにねちねち言いません(自覚はあります)。

良いですか、スポーティな一面を見せることは大変結構なことですが、わざわざポーズやら写真の質やらにこだわるならば家でやってください。

トレーニングをする場所であって自撮りする場所違います。ジムにインスタ映えを求めてはいけないのです。(インスタ映えに嫉妬してます。)

 

そして、更衣室はあなたのドラマを演出する場所ではありません。

あしたのジョーよろしく「真っ白に燃え尽きたぜ……」とやる場所でもありませんし、Eminemのサクセスストーリーも始まりません。

あくまで着替える場所であるということを常に頭の片隅に置いておきましょう。

トレーニングウェアを用意するですとか、パーソナルスペースを大切にすることは重要ですが……。

 

また、トレーニング中、きついトレーニングをしているからと言って、シャウトするのは止めましょう(ごめんなさい)。

シャウトは格好いいロックバンドに任せ、また家の中で一人でやりましょう。きっと空しくなりますから(実話です)。

 

少しおふざけしすぎてしまいましたが、なんにしてもトレーニングジムも気持ちよく使いたいものです。

また、マジメにトレーニングをしていれば思わぬ出会いや友情が芽生えることもあるかもしれませんよ!

そして最後は下の写真のようになる。

SNSアカウントフォロー

関連タグ

関連記事

話題のキーワード