こっそり覗く? 相撲部屋見学のマナー!

力士が稽古をするところ。 ヴェールに包まれているように見えて、実は意外と見ることが出来るのが大相撲。 観に行ってみましょう!

意外と閉鎖的に見えるかもしれない大相撲ですが、ファンとのかかわりを昔から絶っているかと言われるとそういうことでもないのです。

いわゆるファンクラブとも言える後援会があり、スポンサーともいえるタニマチもおり、結構時代の先を進んでいるのが相撲なのです。

もちろんそれに胡坐をかいていた面は否めませんが……。

そんな相撲ですが、実は力士たちの稽古を覗くことも部屋によってはできるところがるんです。

基本的に無料で稽古を見ることが出来ますが、ここにもマナーと呼べるものがあります。

実は本来、力士は普通の人とは違うので、人にそれを見せてはいけないという美学のようなものがあるともいわれています(母談)。

やっぱり私たちとは違うものである、という事を理解したうえで見る。やはりそのためにもマナーが必要ですよね。

見学ができる時期とそうでない時期があることを知ろう。

基本的に相撲部屋は親方の方針によって見ることが出来るかどうかが決まってきます。

ただ、常に見ることが出来るわけではなく、時期によっては見学不可な時期があるということもご理解ください。

場所前の重要な時期や巡業でどうしても空けなければならない時期がどうしてもあるためです。

ですから、基本的には相撲部屋へ事前に予約の連絡を入れてから確認をしましょう。

飛び込みで見れない分だけ、客人としておもてなしをしてくださるお部屋もあるそうですよ!

部屋によっては見ることが出来ないことも覚えておこう。

事前に予約の連絡を入れても、場合によっては見学ができない部屋もあります。

それはいつもお世話になっている後援会の方を優先する、ということがあるからのようです。

どうしてもお目当ての力士が見たいなどの希望がある場合には、後援会の方に依頼してみても良いかもしれません。

「後援会の人のお連れ様」という形で見学することが可能な部屋もあるため、それも確認してみてもいいかもしれません。

土俵は神聖な場所

稽古は女性も見学が可能ですが、土俵は力士と親方のための場所です。

おいそれと我々が入っていい場所ではないことだけは理解しておきましょう。

また、神聖な場所なので、NG行為がいくつかあります。

  • 携帯の使用禁止
  • 禁煙
  • 食事の禁止
  • 私語厳禁
  • フラッシュを使った撮影の禁止
  • 派手で露出の激しい服装の禁止

といったところを理解していただいたうえで、稽古を見学させてもらいましょう。

基本的にはそのような妨げをするようなことをしなければ、とてもお手軽に見ることが出来る見学であると言えるでしょう。

 

相撲の見学なんてしていいのかと、敷居が高く感じるかもしれません。しかし、連絡一つで見学できますし、その上最近はインターネットでも稽古情報を掲載しているサイトがほとんどです。

ですから、興味がある方は一回興味のある部屋にご連絡をしてみてはいかがでしょうか?

普段は知らない一面も見られて、楽しいですよ!

SNSアカウントフォロー

関連タグ

関連記事

話題のキーワード