訪問のマナーできていますか?

お家にお呼ばれしたときのマナーみなさんは知っていますか?訪問マナーをしっかりと覚えておくのも大人のたしなみですよ。

訪問時のマナー知ってる?

親戚、近所付き合い、会社の同僚や上司…近所や会社での付き合い方によっては、相手のお宅に呼ばれることも出てきますよね。子どものころになんとなくお友達のお家に遊びに行っていたときとは違い、大人になると大人としての付き合いが出てきます。

そして、大人としての自宅訪問マナーも大切になってくるんですよ。

 

基本的には少し遅れて到着する

会議や集合は5~10分前行動が原則!じゃあ訪問のときも遅れないようにしなくちゃ…なんて、早めに相手のお宅に行ったりしていませんか?実は相手のお宅に訪問するときは、少し遅れていくのがマナーなんですよ。

自宅に人を呼ぶには、なんだかんだと準備が必要だったりしますよね。そんな中でこちらが早く到着してしまい、相手の準備がまだ整っていなかったら…相手に気を遣わせてしまいます。

そのため、約束の時間よりも気持ち(5分程度)遅れて相手のお宅にお伺いします。ただし通常の待ち合わせと同じように、遅れすぎはマナーとしてはよくありません。だいたい10分以上遅れる場合には、遅れるのがわかった時点で相手に連絡するようにしましょうね。

 

コートや帽子は脱いでおく

玄関に入る前に、コートや帽子などはあらかじめ脱いでおくのが日本での訪問マナーです。マフラーや手袋がある場合は、こちらも脱いでおくのがベターです。コートは裏返しにして持ち、コートについたホコリなどを家の中に落とさないように配慮します。

しかし西洋では「コートは玄関を通されてから脱ぐ」のがマナーとなっていて、日本でもそのマナーが少しずつ浸透してきています。そのため訪問のスタイル(突然の訪問や玄関先でのあいさつなど)によっては、コートは最初から脱いでいない方がいいかもしれませんね。

 

訪問のあいさつはいつする?

玄関でももちろん訪問のあいさつはしますが、玄関先でのあいさつは手短に済ませます。きちんとしたあいさつは、室内に通されてからにしましょう。手土産の正式な渡すタイミングも、室内でのあいさつのときがベストです。

手土産を渡すときには、紙袋などから出した状態で相手に渡します。紙袋などは、手土産持ち運びやすいだけでなく汚さないために使っているからです。そのため基本的には、手土産を入れていた紙袋などは自分で持ち帰ります。

 

靴を脱ぐときは正面を向いて

靴を脱ぐとき玄関を背にして、かかとをそろえながら脱ぐ人がいます。しかしこれは、実はNGなんですよ。

正しくは、玄関の方を向いて靴を脱ぎながら玄関を上がります。そして訪問相手に背を向けないように少し斜めを向いて靴をそろえます。このとき、下駄箱がある方が玄関の下座、反対の壁側が玄関の上座になります。来訪者は玄関の下座にかかとが来るように、靴をそろえるのがマナーとして好ましくなっています。

また夏のどんなに暑い日でも、素足で玄関を上がるのはNGです。靴下か、せめてストッキングは履いていくようにしましょうね。

 

帰るときは?

おしゃべりに花が咲いてついつい楽しくなってしまうかもしれませんよね。しかしあまり遅くなりすぎてしまうと、相手の負担になってしまうかもしれません。そして相手側から来客に対して「そろそろお帰りになられては…」なんて言い出しにくいものです。そのため、こちらから「そろそろ」と帰る準備を始めましょうね。このとき、おいとま(帰るとき)のあいさつは部屋の中で行います。

スリッパをお借りした場合には、玄関の隅にかかとをそろえた状態で置いておきます。靴は玄関の中央に置き直してから履きましょう。またお見送りをしてくれている相手に対して、再度簡単にあいさつをして玄関を後にします。

 

まとめ

訪問のマナーは細かい所作も多いので、ちょっと面倒に感じた人もいるかもしれませんね。仲のいい友人の家などに遊びに行く場合には、あまりマナーを気にしすぎなくても大丈夫かもしれません。

しかし目上の方やマナーにちょっと厳しい人のお宅を訪問することもあるかもしれませんよね。そんな「いざ」というときのことを考えると、しっかりとしたマナーを覚えておくといいかもしれませんよ。

SNSアカウントフォロー

関連タグ

関連記事

話題のキーワード