節度を守ってリラックス!温泉・銭湯で気を付けるべきマナー!

温泉や銭湯に来たのにまったり気分を邪魔されたくないですよね。最高の癒し空間を堪能するため最低限のマナーを知っておきましょう。

公衆浴場ではマナーが必須

日々の生活に疲れてしまった時、温泉や銭湯は最高ですよね・・・!!

疲れもとれるし気持ちもリセットできますし、こんな癒しスポットないですよね。

ただ、そんなリラックスできる場所だからこそマナーが悪い人に気分を害されるのはとってもイヤ。

不特定多数の人が利用する場所なので、周囲に配慮しながら利用する必要があります。

自分がマナー違反な人になってしまわないよう、最低限気を付けるべき温泉や銭湯のマナーを学んでおきましょう。

 

脱衣所でのマナー

まず最初に、脱衣所をキレイに使うところからはじめましょう。

スペースをたくさんとって、脱いだ衣服を散らかしながらの着替えは周りの人に迷惑です。

脱衣所はそんなに広くない事が多いので、荷物を綺麗にたたんでロッカーや棚に入れながら着替えましょう。

 

また、髪の毛が長い人は上のほうでまとめましょう

髪の毛は常に空気に触れている部分なので、雑菌が多く付着しています。

湯船に髪の毛が浸からないように工夫しましょう。

 

入浴時のマナー

まずお風呂場に入ったら、湯船に直行!・・・これは絶対にダメです。

知らない人が、汚れのついた体でお風呂に入っていたら良い気はしないですよね?

必ず浴槽に入る前にはシャワーやかけ湯をしましょう

かけ湯とは、洗面器やお風呂にある桶にお湯をためて体にかける事です。

これは汚れを落とすためだけでなく、お風呂のお湯の温度に体を慣れさせるという理由もあるんです。

急に高い温度のお湯に入ると、心臓に負担をかけることになり、心臓発作などを起こしてしまう可能性があるので気を付けましょう。

 

洗い場で注意すべき行動についてもチェックしておきましょう!

  • お風呂場では走らないで→→→お風呂場の床は滑りやすく、またお風呂の中で人は無防備です。焦らずゆっくり行動しましょう。
  • 使った備品はもとに戻す→→→イスや桶など使った備品は軽く洗って元の場所に戻しましょう。洗面器は裏返して置いておくといいでしょう。
  • 席の取り置きできません→→→基本的に自分の席を確保する行為は禁止です。荷物を置いて独占するのはやめましょう。
  • お風呂場で歯磨きは禁止→→→するなら脱衣所かトイレの洗面所でしましょう。手で鼻をかむ行為も同様にNGです。

 

続いて、浴槽内で注意すべき行動をチェック!

  • タオルを湯船にいれない→→→体を洗ったタオルはゆすいでも汚れがついています。湯船を汚さないためタオルは入れないようにしましょう。
  • 浴槽内で体をこすらない→→→お湯に浸かった状態は皮膚がふやけて垢が落ちやすくなっています。体をこすってお湯を汚さないようにしましょう。
  • シャワーは飛び散らさない→→→後ろや横の人にシャワーが掛かってしまわないように、なるべく自分にだけ向けて使いましょう。

 

そして、浴槽に入る時は一般的なマナーとして、お湯を浴槽にそそぐ「湯口」部分と一番離れた「湯尻」から入るのがマナーだそうです。

理由としては、湯口から新しいお湯が出て、湯尻に向かって流れていくため、まだ体の汚れの落ちていない人がすぐ湯口に入ってしまうと汚れのついたお湯が浴槽全体に広がってしまうためです。

また、湯口よりも湯尻のほうがお湯がぬるくなっているため、お湯の温度を体に慣らすためにも湯尻から入ったほうがいいようです。

 

入浴後・その他のマナー

浴場からでる際に多くみられるマナー違反は、体をよく拭かずに脱衣所にあがる事。

濡れた体で脱衣所を歩くと床がビチャビチャに。滑りやすくなってしまうし、濡れてる床を踏むのは気持ちよくもないですよね。

硬くしぼったタオルで体の水気をしっかり拭き取ってからあがりましょう

 

次に、これは脱衣所でもお風呂場でも全てで言える事なのですが、お喋りはなるべく控えましょう

大きな声で話す事は、静かにお風呂を楽しみたい他のお客さんにとって迷惑となっている事があります。

開放的な気持ちになり楽しく会話したくなる気持ちもわかるんですが、リラックスして静かにゆったり楽しむのもオツなものです。

 

また、スマートフォンの使用には注意しましょう。

お風呂場への持ち込みはもちろん禁止。脱衣所での使用も気を付けたほうがいいでしょう。

写真をとっていないとしても、人が裸でいる場所でスマホをいじられているとなんだか気になってしまうものです。

脱衣所に入ったら使用を控えて、ロビーにでてから使用するようにしましょう。

 

最後に

以上が基本的な温泉や銭湯に入る際のマナーですが、施設ごとにそれぞれ決められた規則がある場合があります。

必ず事前にチェックしてから施設を利用するようにしましょう。

 

これらのマナーは周りに迷惑をかけず、周りも自分も快適に楽しむためのものです。

ひとりひとりが自覚を持っていれば誰かが嫌な思いをする事はないはず。

 

わからない事があれば施設の人に聞いたり、他のお客さんに聞いてみるのもいいのではないでしょうか。

昔からそういったコミュニケーションの場としても使われている場所です。まわりの人との交流もお風呂の楽しみの1つだと思います。

 

マナーを守った入浴で、今日までの疲れをとり、明日からまた頑張っていきましょう!

SNSアカウントフォロー

関連タグ

関連記事

話題のキーワード