就活で必ず必要な自己PRの作り方

就活で必ず必要な自己PR。自己PRの作り方について説明。

自己PRは、 自分の本当の長所が理解できているかを知る良い機会です。
自分の長所を理解しないまま、適当に自己PRをしても、 良い結果は望めません。

正しい自己PRとは、提出する先の企業があってこそ作れるので、
自己PRを書く前に、しっかりと自己分析をし、 自分はどんな会社や
どんな仕事で活躍したいと思っているのか、 洗い出しておくことが大切です。

そして、行きたい会社ややりたい仕事には、 どんな人が向いていて、 どんな人が活躍しているのかをしっかりと理解した上で、 作成していくことが求められます。

企業は、自己PRを見ることで、会社が求める能力・ 長所を持っているか、 会社で活躍するイメージを持てるかを見極めようとしています。

自己PRは活躍しそうな学生を探し出すために用意された質問なので、
特技ではなく、 社会に出て活躍していくための能力や強みをアピールすることが重要です。

企業としても、社員に活躍してもらいたいため、様々な環境でも実力を発揮できる再現性のある強みを持つ社員を求めています。

再現性を印象付けるために、自分の強み、強みを発揮した具体的な経験、強みを発揮する方法、将来への展望を整理し、あなたにしか書けない自己PRを作成しましょう。

1.結論先行の構成

自己PRをするときは、結論先行で「私の強みは○○です」 と書きます。 
ビジネスの世界は、どんなやりとりでもまずは結論から話します。 就職活動もビジネスの一環のため、そのルールは適用されます。

結論先行の構成は、 採用担当者に一番言いたいポイントが伝わりやすくなります。

活動の説明から長所の流れで、自己PRし、結論が後回しだと、採用担当は、結局、何をいいたいのか、わからないまま文章を読むことになります。

最初の一行で採用担当を惹きつけるために、長所のキャッチコピーを工夫することが大切です。自分の長所をストレートに表現し、インパクトがあるフレーズを考え、協調性や行動力のような抽象的な表現を使わずに、できるだけ具体的な表現を使いましょう。

結論→根拠→活躍」文章として、必ずこの順番を守って進めましょう。

2.複数のエピソードで説得力を高める

自分の強みを発揮したエピソードを結論の根拠にし、説得力を高めます。
エピソード1つより、複数のエピソードを盛り込むことで、どのような場面でも強みを発揮できるという再現性のアピールにつながります。
あなたの行動している姿を思い浮かべられるように書いてみましょう。

数字ベースで出ている成果や入賞経験など、わかりやすい成果が出ているなら、始めの部分に書いておくことで採用担当の関心を惹きつける効果があります。

企業が求めている長所とは「成果を生み出すための力」です。
学生時代のエピソードも、長所を使って、何かの問題を解決し、成果を出したエピソードを書くことが重要です。

3.自分の強みを発揮する方法

強みを語る複数のエピソードで説得力を高めても、会社で強みを発揮する方法を述べなければ、採用担当を納得させることはできません。
課題解決のためにどんな行動をしたかなどを伝え、自分の活躍をわかりやすく、
強みを発揮する際にどのようなことに注意しているかにまで言及し、社会に出てからの再現性をアピールすることが大切です。

4.活躍イメージを企業へアピール

業務一般に関わる展望を述べるだけでも構いませんが、企業の事業内容に絡めて、活躍イメージをアピールすると良いでしょう。自分の強みを活かし、会社にどう貢献したいかを伝え、熱意をアピールしましょう。


自己PRで一番大切なのはオリジナリティです。あなたの強みは、あなたにしかない特別なものです。基本的なルールは守りつつ、納得のいく自己PRを作成しましょう。

SNSアカウントフォロー

関連タグ

関連記事

話題のキーワード