楽しく泊まろう!民泊のマナー

都内を中心に増えている民泊。外国人に限らず日本の方も多く利用されているようです。清掃スタッフだった私が今回は民泊をご紹介!

最近では外国の方が日本に観光に来られるようになりましたね。そのような中で増加しているのは「民泊」。東京オリンピックを前に法律が整備され、これまで以上に外国の方が来日され民泊を利用する方が多くなるでしょう。

ネットから予約が出来ること、手軽に宿泊できること。この事から多くの方が利用しておりますね。

ただ、「どうやって利用すればいいの?」とか「利用する上で気をつけたほうが良いことってあるのかな……?」と考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

今回は、その民泊を利用する上で気をつけていただきたい事や民泊の魅力について掘り下げていきたいと思います。

分からない事はプロに聞くのが一番。ということで、「ゲストに感謝されるおもてなしを大切に」をモットーに民泊事業を展開されている、株式会社GRACES代表取締役である伊藤愛美さんにお話を伺いました。

民泊の魅力は何だろう?

部屋の中の2つのスーツケース

 

多くの方が旅行をされる中で利用するのはホテルですよね。中にはゲストハウスを利用するという方もいらっしゃるでしょうが、ホテルやゲストハウスでは当然ですが見えてくる景色も違ってきます。ホテルはもちろん種類にもよりますが、非日常的な空間と基本的に「どこへ行っても変わらないおもてなし」という安心感があります。また、ゲストハウスでは多くのゲストの方との交流も深められますし、またそこからまた新たな関係性が生まれるかもしれません。

では、民泊の魅力とは何か。伊藤さんはこのようにお話しています。

「一番の魅力は、その国に住んでいる人と同じような生活を疑似体験できる事。ホテルでは中々味わえないですよね。自分が育ってきた環境や価値観が当たり前でないと気づく事で、新たな発見も生まれるし、理解も生まれると思うんです」

民泊は、日本人が暮らしているマンション一軒家に滞在する事が出来ます。町家古民家を選択することも出来るので、より日本らしい滞在をすることも可能です。最近は日本人の利用者も増えて来ていて、仲良しのグループやファミリーでプライベートコテージに宿泊して新しい旅を楽しんだりしている方も目立ちます。

海外の方にはもちろん、日本の方にもまだ見ぬ日本の様々な景色や場所があることを知ってもらいたいですよね。

気持ちよく過ごすことが出来る空間のために!

タオルと歯ブラシなどのアメニティ

良い旅行はやはり気持ち良く過ごすが出来る空間が欠かせません。そのために伊藤さんに空間についてこだわっていることをお聞きしたところ、「なるべくアメニティを多く揃える事です」ということでした。

「バスタオルから歯ブラシ、歯磨き粉、お部屋によっては夜食用のカップ麺を置いたり、(小さなお子様連れの)ママの為にベビーカーを置いたりしているお部屋もあります」とのこと。

他にもゲストの方と少しでもスムーズにコミュニケーションを取ることが出来るようにゲストの方の母国語でコミュニケーションを取ることを心がけています。かつ、対応をスムーズにできるようにしているそう。

「居心地がよく生活に便利な空間を提供して行きたいと考えています」と伊藤さんが言うように、民泊は宿泊するだけでなくそこで数日間生活をする場所でもあります。心細いゲストの方のためにも、このような心配りがあると安心することが出来ますよね。

「わからない」からこそ、ルールにする!

握手をする女性ホストと女性ゲストたち

民泊は一見すると住宅のように見えますが、あなたの自宅ではありませんよね。伊藤さんは実際に「浴室内でブリーチして液体が染み込んでしまっている物件がありました」と過去のトラブルを話します。その際にはゲストの方とも円満にトラブルを解決することが出来たようですが、だからこそそのようなトラブルを未然に防ぐためにもハウスルールと呼ばれるルールはとても大切です。

伊藤さんも運営されている民泊でも同じようにハウスルールについては「もちろん決めています」と言います。

「基本的なルール(例えば土足で部屋に入らない、室内でタバコは吸わないなど)から、それぞれの部屋によって守って欲しいルールは伝えています。罰則事項も明記をしておいて、お部屋にも分かりやすいように提示している場合もあります」

マナーと言いますと我々の感覚からすれば「言わなくても分かる!」というのが普通なのかもしれません。しかし、海外からいらっしゃるゲストの方にとってそれは普通ではないのです。「所変われば品変わる」というようにご自身の感覚や価値観だけでは測れないからこそ、しっかりと明記することが大切なのでしょう。

明記することによってトラブルを未然に防ぐことができるようになり、宿泊される方も気持ちよく使用することが出来ますよね。

それはホスト側としてのゲストへの「思いやり」ともいえることかもしれませんね。

利用する上でお願いしたいこと

また、海外の方と日本の方で何か利用するにあたって違うなと感じる点について伺いました。

伊藤さんによると「国で分けるのでは無く、人間性でマナーの度合いが違うと思います」とのことでした。例えば、中国人の観光客の方は騒いだり汚したりということをするのでは?というイメージがあるかもしれません。ですが伊藤さんによると「マナーもしっかりしていて品があり、綺麗に使用して頂ける方も非常に多いです」と言います。一方で、日本の方でも宴会騒ぎをしてお部屋を汚したのに、非を認めずに支払わない方がいるとのこと。

お金を払って借りているから何をしてもいい」というわけではなく借りているからこそ、相手への敬意を持って泊ってほしいしそのような民泊が増えてほしいと伊藤さんはお話しています。

また、そのためにも「決められたハウスルールはしっかり守ってほしいというのと、事前に送られた情報はしっかり確認してから来て欲しいです」とのこと。当然初めての場所へと行くわけですから、その情報が無ければ到着することさえままなりません。ホテルに泊まるのとはまた違った点ではありますね。

だからこそ、予約する際にも「しっかりと決められたキャンセルポリシーを確認してから予約をして欲しいなと思います。あとはお部屋に用意してあるアメニティや注意書きは仲介サイトに掲載しているので」とのことでした。当たり前に感じているマナーでもルールとして明確になることで分かり易くより過ごしやすくなるというもの。

その点を意識して利用してみてはいかがでしょうか?

冒頭でもお話したようにオリンピックなどに向けて、民泊などの宿泊施設はより重要性を増してくるかもしれません。多くの方が海外からやってくるからこそ、その方たちには気持ちよく過ごしていただきたいですよね。

伊藤さんもハウスルールを注意書きで明記するだけでなく写真などを使用して工夫する必要があると考えており、その点において「『分かりやすさ』ってとても大切だなと思います」ということでした。

ただ文化に触れるだけでなく私たちから「ありがとう」と言ってもらえるように。やはり気持ち良く過ごしたいものですよね。

細やかなおもてなしと思いやりのこもった民泊。あなたもマナーを守って利用してみてはいかがでしょうか。

 

プロフィール

株式会社GRACES

代表取締役 伊藤愛美

着物姿の女性

HP:http://graces-japan.com/

東京都出身、東京都在住。青山学院大学中にカナダのトロントに留学をして英語のスキルを磨く。卒業後、日本通運株式会社に入社。女性支援に関心を持ち、ママ起業家応援会社に転職をして営業を経験。

その後、レンタルバケーションサービスAirbnbに出会う。「ゲストに感謝されるおもてなしを大切に」を モットーに民泊事業を展開。リピーターのゲストも多く、1年間で延べ1600人以上のゲストをもてなす。その経験を生かし、訪日外国人観光客を対象としたインバウンド事業を成功へ導く支援・サービスを提供する事業として法人化。 企業の顧問やコンサル、セミナー講師やイベントを開催している。2018年に住宅宿泊管理業者として登録完了。今後はインフルエンサーを活用した地方創生に力を入れていく。

SNSアカウントフォロー

関連タグ

関連記事

話題のキーワード