ご祝儀はふくさに包んで次の花嫁になろう!

結婚式に招待されたら持っていくのがご祝儀。ご祝儀をそのまま渡すのは失礼に当たります。袱紗に包んで、新郎新婦の幸せを願いましょう。

2018.05.27
冠婚葬祭

素敵に出席しよう

素敵な女性は、結婚式に出席する時も上品なマナーが身についています♪

どんな時も周りから一目置かれる素敵な女性でいたいですよね。

たとえ、多くの人がそのままご祝儀を渡していたとしても、あなたは周りに流されることなく、上品に振る舞いましょう♡

なんでふくさに包むの?

ご祝儀はとても大事なもの。

ご祝儀を入れるときはピン札で用意しますよね。

また、入れる枚数も気にしますよね。

 

そんな大事に用意しているご祝儀には、あなたの新郎新婦への気持ちがたくさん詰まっています。

 

大事なご祝儀が、汚れてしまっては大変です。

オシャレなバッグの中で、折れてしまっては大変です。

 

大事なものを安全に持っていくために、ふくさに包みましょう♪

 

丁寧にふくさで包まれたご祝儀を見た親族の方や周りの方々(めぐりめぐって新郎新婦)は、

あなたの新郎新婦への「想い」や「心遣い」をきっとわかってくれるでしょう♪

ふくさの包み方

1. のしが右上にくるように置きます。

2. 左側から包みます。

3. 上側を包みます。

4. 下側を包みます。

5. 右側を包み、下に入れて完成♡

 

それでは素敵にいってらっしゃい♪

SNSアカウントフォロー

関連タグ

関連記事

話題のキーワード