就活の時の女の子の服装って?

就活で迷うことの一つが服装。どんな服装で面接に行けばいいの?女の子の就活の時の服装と注意点について紹介します。

髪型はどうすればいい?

髪の毛は、日頃からケアをし、艶があり、 清潔感のある髪型を意識し、顔の輪郭や
額を出すことで、明るい印象を与えると良いでしょう。 前髪によって、相手に与える印象は大きく変わります。 前髪がたれていると、幼く、 自信のない印象を持たれてしまうため、横分けなど、 目にかからず、額が見える髪型を選びましょう。
夏場など汗をかく場合は髪型が乱れやすいため、 ロングヘアは髪をまとめましょう。

メイクは?

明るく好感がもてる健康的な印象を与える自然なメイクが重要です 。
血色を悪くみせてしまうブルー系やパープル系は避け、 元気さを印象付ける色でナチュラルメイクを目指しましょう。
つけまつ毛やカラーコンタクトなどで目元を強調しすぎないように 注意しましょう。

気を付けて頂きたいのが、 面接の前日などに慣れない化粧品やスキンケアを使い、 肌が荒れてしまうと不規則な生活を送っている印象を与え、 デメリットになります。髪、肌は、日頃からのケアが大切です。

スーツの選び方

スーツは自分に合ったサイズを選び、 スカートは膝がのぞく程度が最適な長さです。また、ジャケット・ スカート後ろの仕付糸は、着用時には外すことが必要です。 面接前に汚れ、しわがないかと合わせて確認を行いましょう。

ブラウスのボタンは全てとめるか、 第一ボタンを開けるのが一般的です。 全てとめる場合は窮屈にならないよう首回りに余裕があるものを選 びましょう。 スキッパータイプのブラウスは首回りにボタンがないので首回りが 気になる人はすっきりとした印象で就活で人気があります。 面接の前日はしわになっている場合はアイロンをかけましょう。

その他の注意点

  • アクセサリーは基本的につけないことが好ましいですが、 つける場合はスーツにあったシンプルなデザインのものが良いです 。大ぶりなアクセサリーや音がなるものはNGです。
  • 爪は清潔感のあるように整えましょう。 派手な色のネイルや付け爪などはNGです。 マニキュアをする場合は透明や薄いピンクなど、肌なじみが良く、 目立ちにくいものを選びましょう。
  • 面接などで時間を確認する場合は、 シンプルなデザインで分単位で時間がわかる腕時計を着用すると良いでしょう。アラーム機能などがついている場合は音が鳴らないように注意しましょう。
  • 就活用のかばんは、A4サイズの書類を折ることなく入れるられるサイズのものを用意しましょう。また、面接などを想定し、地面に置いた時に立てられるものであるといいでしょう。
  • 書類などは雨や汚れなどを考え、 クリアファイルなどに入れておくと安心です。
  • 素足ではなく、ストッキングを履くのがマナーです。 自分の肌に近いナチュラルな色で30デニールのものがよいでしょ う。破れた時を考慮して、予備を2枚用意しておくと安心です。
  • 靴はパンプスが一般的です。ヒールの高さは3〜 5cmが印象も良く、疲れにくいのでオススメです。 ヒールが高いものは避けましょう。 ヒールが苦手な人はストラップ付きのものを選ぶと歩きやすいでし ょう。就活中は、埃やかかとの磨り減りなども起こりやすいので、 靴の手入れも大切です。革素材で先端が丸みを帯びたデザインのパンプスを選ぶようにしま しょう。エナメル製や布製のものがありますが、 悪い印象を持たれてしまいがちです。
  • スーツにはトレンチコートを合わせることが一般的です。 色や形はスーツやかばんと相性がよいものを選びましょう。 長さは膝丈程度がバランスが良く見えるのでオススメです。 コートを持つ際は裏地を出して綺麗に畳みましょう。
  • 説明会や面接では小物も見られている場合があります。 派手な柄のスマホケースや手帳などは避け、 品がある自然なものを選ぶと安心です。
  • 香りのきつい香水もNGです。 眼鏡をする場合はビジネスシーンに合ったものを選びましょう。


就職活動においては、明るく清潔感のある印象で、 全身の細部まできちんとふさわしい服に揃えて面接に臨みましょう。

SNSアカウントフォロー

関連タグ

関連記事

話題のキーワード