御朱印集めのマナー!気持ちの「しおり」をはさもう。

御朱印集めはスタンプラリーではありません。お寺や神社で御朱印を頂く際に大切なマナーを学びましょう。

世界にたった一つの印を貰おう!

皆様、「御朱印集め」してますか??

最近よく聞きますよね!「御朱印集め」という言葉・・・!

神社やお寺に行くと頂ける「御朱印」を集めるという趣味で、女性を中心に流行っています。

御朱印は寺社ごとに異なる判子を押して頂き、そこに参拝日・寺社の名前・御本尊様の名前などを書いてもらうというもの。

同じ寺社で貰っても、書いて頂く人によって御朱印は変わってきますし、

その場で書いて頂くため同じものが存在しないこの世にたった一つの印であるという事が大きな魅力。

しかし、1つ1つ書いて頂いているものなので、きちんとマナーを守らないと失礼にあたります。

どんな事に気をつければいいのか、事前に確認しておきましょう!

そもそも御朱印とは?

御朱印とはいったい何の印なのでしょう?

それぞれの寺社によって意味するものは多少かわってくるみたいですが、

基本的に、本来は写経を納めた際にその証として頂けるものだったようですが、

今では参拝をした記念として頂けるようになったとのことです。

御朱印を頂くという事はその寺社とご縁を結ばれたという証になります。

御朱印帳を手に入れよう!

御朱印をもらうためには御朱印帳が必要です。

書店や文房具屋さん、所によっては寺社で買えるところもあるので、御朱印を貰いに行く前に買っておきましょう!

ものによっては表紙に「御朱印帳」と記入する必要があるものもあります。

寺社に言えば書いてもらえる所がありますので、記入して頂きましょう。

また、自分の御朱印帳だとわかるように名前を書いておきましょう。

場所によって、お願いすると「御朱印帳」と記入する欄の下に名前を記入して頂ける場合があります。

「御朱印帳わすれてきた・・・まじトホホなんですけど・・・。」

そんな時は、寺社の方に伝えると御朱印を書いた半紙を頂ける場合があります。

家に帰ってから御朱印帳に貼るか、はさんで大事にとっておくようにしましょう。

御朱印を貰うその前に・・・

実際に寺社に御朱印を貰いに行くその前に、その寺社の事を調べておくようにしましょう。

宗派によっては御朱印がいただけない場合もあります。

御朱印を貰う際には受付時間はしっかり守り、受付が終わっているのに無理を言って貰うような事はやめましょう。

忙しい時間は受け付けてもらえない場合があります。忙しそうな時間は避けるようにしましょう!

あくまでメインは参拝です!

前述しましたが、御朱印とは寺社とご縁を結んだ証となります。

そのため、御朱印だけを貰いに行くのはマナー違反

必ず御朱印をもらう前に本殿の手前にある手水舎で手と口を清め、

参拝をするようにしましょう。

参拝のマナーは大丈夫ですか?

参拝のマナーを神社・お寺別にみていきましょう。

寺社によっては特有のマナーがある所もありますが、基本的には以下のような作法で行われます。

  • 神社拝殿に向かってお賽銭を納め、鈴をならし、二拝二拍手一拝

深いおじぎの事を「拝」といいます。

  • お寺本堂に向かってお賽銭を納め、合唱

お寺では手を合わせて「合唱」するだけで拍手はしません。

また、神仏の前ではお願いごとをするのではなく、感謝を述べて誓いを伝えます。

叶えてもらうのではなく、叶えるべく行動をするための誓いを立てましょう!

御朱印受付へ!

御朱印は、寺社によって異なる場所で受け付けています。

大きい寺社だと御朱印所があったり、お守りなどを売っている場所に受付があったりします。

寺務所や社務所で受け付けている場合もありますので

わからない場合はお守りなどを売っている所で場所を聞いて教えてもらいましょう。

御朱印をお願いするときは・・・

御朱印をお願いする際には御朱印代を用意しておくと良いでしょう。

御朱印代はおよそ300~500円くらい。

御朱印帳もあらかじめカバーをはずして書いて貰いたいページを開いておくとスムーズです。

そして御朱印を書いて頂いている最中は話しかけたりスマホをいじったりせず、静かに待つようにしましょう。

また、御朱印を頂いたあとは感謝を忘れずに述べましょう!

寺社を巡ってリフレッシュ!

勉強や仕事で忙しい時こそ、ちゃんと息抜きしてますか??

神社やお寺に行ってリフレッシュしてみてはいかがでしょう!

行くだけで軽い運動にもなりますし、とっても穏やかな気持ちになれる空間です。

そして、参拝する事で気持ちを新たにし、

その気持ちの証として、その時にしか貰えない御朱印を貰えば、

その瞬間を御朱印という形で閉じ込めておくことができます。

御朱印帳に描かれたその印は、その時の気持ちを引き出すための「しおり」となるでしょう・・・!

SNSアカウントフォロー

関連タグ

関連記事

話題のキーワード