面接では正しい言葉遣いをしよう!

面接で気になることの一つ、言葉遣い。知らない間にNGな言葉遣いをしているかもしれません。正しい言葉遣いをマスターしましょう!

正しい言葉遣いで就活を突破しましょう

言葉遣いは、その人の日常が色濃く現れます。普段使いなれない敬語を面接の時だけ使った場合、話し方の違和感や使い慣れていない雰囲気が必ず相手に伝わります。

丁寧な言葉遣いは、社会人としてのマナーでもあります。
入社した後は、正しい知識が必要とされるため、就活の時点で正しい言葉遣いを身につけましょう。

主語は「わたくし」

男女とも自分自身のことを「わたくし」と呼ぶのがベストです。
ビジネスシーンにおいては、「わたし」より丁寧な「わたくし」を使うほうが好印象を受けやすくなります。
面接や目上の人と話しをする場では、間違っても「僕」や「自分」と言わないように気をつけましょう。

相手の呼び方

面接では、相手企業側のことを「御社」と呼びます。
間違っても「こちら」「貴社(書類上の呼び名)」と言わないようにしましょう。

また、社長のことは「○○社長」と名前をつけるのが基本で、役職のある人は「○○常務」という呼び方をします。役職に敬称の意味が含まれていますので、さらに「様」などの敬称はつけません。
面接官の呼び方は、「○○様」と名前を呼ぶほうが印象がよいでしょう。

面接での話し方

「えっと」など、話はじめる前に無意識に言ってしまいがちな言葉のクセや、「○○で~」と語尾を伸ばしてしまうクセは、面接では、すべてNGワードです。
面接では「です」「ます」といった丁寧な語尾を使って話を締めくくると、正しい日本語の使い方をアピールすることができます。

面接では、ゆっくりと聞き取りやすい声で話をしましょう。
声を出すことで自信もつきやすく、元気で明るいイメージが相手に伝わり、好印象を持たれやすい傾向にあります。
面接官と意思の疎通をしっかり図りながら、一つ一つ丁寧に答えていきましょう。
語尾だけ小さくなっていく話し方や大きすぎる声も避けましょう。
面接官との距離を考えて、相手が聞き取りやすい大きさの声で落ち着いて話をすることが重要です。

相手が最後まで話終える前に、問いに対する回答をはじめるのは、よい行動ではありません。必ず、面接官が話終わるまできちんと待ってから答えるようにしましょう。話をしている相手の言葉に耳を傾けることは、ビジネスシーンに限らず、人として大切なことです。

最後に

敬語を使うことは、社会人としての基本です。正しい敬語を使えると好感度や信頼度が増します。

就活は大変ですが、内面も外見も磨けるよい機会ですので、社会人としても、役立つ言葉遣いは、悔いのないよう努力しましょう。

SNSアカウントフォロー

関連タグ

関連記事

話題のキーワード